毛周期に合わせて施術すると、より脱毛効果が高くなる

脱毛ってどうして1回で終わらないのか、気になったことはありませんか?
美容のことについて詳しくない私は、そう思ってました。

このページでは、脱毛サロンはどのぐらいの回数通わないといけないのか、
どのぐらいの周期で行けばいいのか、完全にツルツルになるまでにどれぐらい期間がかかるのか

脱毛と深く関わる「毛周期」についてお伝えしていきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

広島脱毛サロン 口コミランキング

毛周期について

脱毛は成長期の毛しか処理できません。
毛には大きく分けて3つの周期があります。
その3つの周期というのが、成長期、退行期、休止期というのですが
髪の毛から全身の毛にはそれぞれの周期があり、毛穴によって成長期なのか、退行期なのか異なります。

【休止期】毛を作る細胞がお休みをし、毛穴自体にも毛がない状態を休止期と言います。(図1)
【成長期】お休みしていた細胞は、毛細血管から栄養素を取り込んで、毛を作ります。最初は毛穴の中を毛が伸びていきます。その後、毛が外に飛び出します。この毛が伸びている状態を成長期と言います。(図2〜5)
【退化期】成長期後、毛は徐々に細胞から離れ、抜ける準備をします。この状態を退化期または退行期と呼びます。その後、毛は自然に抜け落ち、また休止期に戻ります。この一連の流れを毛周期と言います。(図6〜7)
参考:脱毛期間って長くない!?プロが教える期間を短縮する効率的手法

髪の毛も毎日自然と抜けていますよね。
退行期になったら自然と抜けて、成長期になったらまた生えてくるというふうに繰り返すのです。

光脱毛の仕組みは、黒い色に反応する光のエネルギーによって、毛が生えてくる部分にダメージを与えていくので
休止期や退行期に光を当てても効果がないんですね。

つまり、毛周期があるから、何回も脱毛をしなければならないということになるのです。

毛周期は脇や顔、足など部位によって少し異なりますが、目安として3ヶ月と言われています。

そのため、もっとも脱毛の効果を高めるためには3ヶ月に1回のペースで10回以上光をあてないとツルツルにはならないんですね。

毛周期について分かりやすい動画がありましたので貼り付けておきますね。

毛が生えてこなくなるまでに必要な回数とは

医療レーザー脱毛に比べると脱毛サロンの光脱毛は弱い力でしか光を当てることができないので
その分、回数が多くなります。

目安ですが、3回で30%、6回で50%、12回で80%、完全にツルツルにしたい場合は15回以上は必要と言われています。
個人差があるので、目安の回数よりも少い段階で毛が生えてこなくなる方もいますが、逆に15回以上脱毛してもまだ発毛するという方もいらっしゃいます。
また部位によっても効果が出にくい場所と、早く効果を実感するところがあります。
とくに、レーザー脱毛や光脱毛は産毛などの薄くて細い毛には効果が出にくいと言われています。

脱毛サロンだと、全身のムダ毛がなくなるまでは、2年~3年というのが一般的です。
2年以上も通うことになるので、脱毛サロンは慎重に選ばなくてはいけません。

ちなみに、医療脱毛の場合は1年〜2年と言われています。
どちらにしても、すぐに脱毛が終わるわけではないので
「脱毛したい」と思ったら、できるだけ早いタイミングでスタートした方がいいですよ。

こちらの関連記事もおすすめ