VIO脱毛のメリットは見た目よりも衛生的にも良いよ

みなさんはVIOの意味をご存知ですか?

VIOというのは、女性のデリケートゾーンの部分のことを指し
Vラインとは、ビキニライン、Iラインは、陰部の周りで、Oラインが肛門の周りに生えている毛のことを言います。

vio_datumou

VIOのムダ毛の悩みでは
「水着から毛がはみ出てしまう」
「Tバックをはいた時に、毛がはみ出さないか心配」
とはみ毛に悩む方が多くいらっしゃいます。

夏は旅行先で海水浴を楽しんだり、
冬は温泉に入ったりと、一年中お手入れが欠かせないですよね。

このように
ハミ毛を気にしている方や、毛の量が多いことを気にしている方
毛が生えている範囲が広いと悩んでいる方がVIO脱毛したいと考えている人だと思います。

見た目や自己処理の手間を考えて、VIO脱毛したいという女性が多いと思いますが
実はVIOのメリットは見た目だけじゃないんですよ。

私は正直いうと、VIO脱毛するまでは
可愛い水着や下着を着たいな〜とかしか考えてなくて
衛生面について少しも気にしたことはありませんでした。

衛生面から見てもVIO脱毛はオススメ

VIOに生えている毛は、デリケートゾーンを守るために生えている?そう思う方もいらっしゃると思いますが
そんなの大昔の話なんです。

安心してくださ〜い!
現代人はパンツも穿いてますので、毛が無くても下着が守ってくれます。

下着を穿かない生活をしている方は、アンダーヘアの毛は必要かもしれませんが
そんな人現代ではなかなかいないと思います。

下着を穿いて、毛もモジャモジャ生えていると、通気性も悪く、蒸れてしまって逆に不潔。
尿や排泄物、経血も付着した状態って考えただけでも衛生的によくないですよね。

実際にVIOの毛は無いほうが清潔と言われています。

そう考えると、アンダーヘアを脱毛したいと思いませんか。

VIOのカタチ、毛の量は調整できる

VIOの毛を全部ツルツルにするのは不安という方も多いはず。

欧米では、アンダーヘアをすべて処理するのが一般的ですが
日本ではまだまだ浸透していないので、ツルツルにすることが衛生的にも良いのは分かっているけど、
それでも不安だと思います。

温泉に行ったとき周りの目が気になったり、彼氏にどう思われるか。
そんな心配事も確かにあります。

実際に、Iライン(陰部の横の毛)、Oライン(肛門の周り)の毛は完全に処理する方が多いのですが
Vラインの毛は、少し残す人の方が多いそうです。

Vラインのカタチ、毛の量は自由に調整できる。

Vラインの毛を完全にツルツルするのは不安という方
そんな方は、毛の量を薄くしたり、生えている範囲を小さくしたり、
毛を残す部分のカタチをデザインしたり、自由にできるのも脱毛のメリット。

エステサロンで女性がするVIO脱毛の形、TOP3!の結果を見ると
Vラインの人気のカタチは、一位 逆三角、二位 たまご型、三位 パイパンとなっています。

各脱毛サロンでも、VIOの形をどうするか聞かれるので、前もって考えておくといいですよ。

広島脱毛サロン 口コミランキング

VIOの自己処理は危険&肌トラブルの原因にも

アンダーヘアは、自分でお手入れすることもできますが、平面じゃないので難しいし面倒。
それに、カミソリ負けや色素沈着、毛穴の黒ずみといった自己処理による肌トラブルのリスクもあるから、脱毛がおすすめです。

カミソリ以外にも、脱毛クリーム、ジェル、フォームといった商品もありますが
肌が赤くなったり、かゆくなったり、かぶれたりする危険性もあります。

また、最近では、ブラジリアンワックスを使って自分で処理する方もいますが、
皮膚の弱い人は、炎症を起こしたりするリスクもあるのです。

全身脱毛サロンと医療脱毛、効果と痛みについてでも、VIOの脱毛の痛みについて触れてますが、医療脱毛よりも痛みが小さいですし、デリケートゾーンだからこそ、安心できるプロに任せたいですよね。

VIO脱毛して後悔しないように

とくにVラインを永久脱毛した場合、毛は二度と生えてこないので、
あとから生やしたいと思っても無理です。

今後、毛が本当に必要ないのか、先のことをよく考えたうえで施術を受けるようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ